FOOTBALL | 2018.08.28 Tue

春シーズン開幕に向けて

いつも法政フットボールを応援してくださりありがとうございます。

いよいよ2018年度の初戦を迎えます。
各々が今まで積み上げてきた力をいかに本番で発揮できるか、その成長が見られる瞬間です。

先の関東学生アメリカンフットボール連盟一部加盟校による監督会で提出された「共同宣言」でも申し上げました通り、私たちはフットボールというスポーツを今まで同様に心から愛し、真摯に取り組んでおります。戦略的なスポーツとして知られるフットボールは、当時のアメリカの産業社会を担う人材を育てるためのスポーツ、いわば、社会に出るための学びのスポーツといえるでしょう。我々は、目先の勝利に固執するのではなく、勝利を追求する過程で、人間として成長することを目指していく所存です。

「感謝」
この言葉は、今年のチームテーマであると同時に、6月3日(日)に行われる中央大学戦のテーマでもあります。昨年は、大きな改革の年となり、今までとは異なることが多く、チームに関わった方々には大変な思いをさせてしまったことと思います。そのような方々の思いがあったからこそ、今のチームが存在します。選手、スタッフ含め関わってくださった全ての方に感謝の気持ちを忘れずに、またこの気持ちを勝利という形で恩返しできるよう精一杯努めさせて頂きます。日々の練習で蓄積された己の力を試合で存分に発揮できるのか。この問いに対する答えを見られることを楽しみにしております。

法政大学体育会アメリカンフットボール部監督 有澤玄

LATEST NEWS