FOOTBALL | 2018.08.28 Tue

WUCインタビュー第一弾

2018年6月13日~6月26日にかけて開催された『第3回大学世界選手権大会』において法政大学体育会アメリカンフットボール部から4人の選手が日本代表に選出されました。世界に出て感じたことや同年代の選手とプレーして考えさせられたことを聞きました。

四年 WR 高津佐隼矢選手
―WUCで世界の舞台を経験してみていかがでしたか?

前回大会も選出されていたので緊張はなかったです。また、前回負けてから2年間世界一を目指してやってきたので尚更なかったです。

―日本に足りないものはなんだと思いますか?

フィジカルです。法政オレンジでもフィジカル強化を謳って練習していますが、フィジカルが全く違いました。

―フィジカル、体格が違うことによる一番の弊害はなんだと思いますか?

海外の選手は間合いが日本とは違うため、日本では「行ける」と絶対タックルされない間合いで走っていても世界選手権ではほとんどタックルされてしまいました。

―日本代表で学んだことを法政オレンジにどのようにして還元していきたいですか?

二週間でアメリカ・メキシコと戦う上で、少ない時間の中でのミーティングがとてもためになりました。日本代表チームでやっていたミーティングを時間がある法政オレンジでもやっていきたいと思います。

―日本代表と法政オレンジのミーティングの違いはなんだと思いますか?

法政オレンジだったらリーダーがほとんど進めるが、日本代表はリーダーを中心に他の選手も一人一人自分の意見を持って学年関係なく発言していました。「そのプレーもいいとは思うけど自分だったらこうするよ」というような一段階上のレベルのミーティングができていました。上手い選手の集まりだったがお互いに指摘し合うことによってレベルアップしていきました。

―法政オレンジでもできそうですか?

やろうと思えばできるが、やるならまずは意識を変えないと厳しいと思います。

―帰国後他のメンバーにWUCでの話はしましたか?

まだ伝えられてない部分もありますが、どんどん話していきたいと思います。

―帰国後のWUCメンバーの変化は感じますか?

栗田が積極的に他の選手の話を聞いていたので、得たものが大きいと思います。自分自身も他大学の選手と話して得たものはとても大きかったです。

四年 DL 利根川公紀選手
―WUCで世界の舞台を経験してみていかがでしたか?

世界は強いと思いました。特にアメリカとメキシコは差を感じました。相手のOLは身長が190㎝以上で体重が130〜140kgあるので対戦するにあたりワクワクしました。一番は本場のアメフトが知れて良かったです。

―日本チームに足りないものはなんだと思いますか?

絶対に体重と身長だと思います。もし互角に戦うとしたら、日本の良さでもあるファンダメンタルを追求するところやプレーのスピードを重視することが大事だと思います。

―海外の選手など体格が違う相手にも勝つためにはどうすれば良いと思いますか?

基本的なことだが目の前の1プレーを集中してやること。思いっきりやれば大きな相手でもミスをすることはあるから目の前のプレーを大事にするべきだと思いました。

―日本代表で学んだことを自分のチームにどのようにして還元していきたいですか?

海外の国と対戦して通用したこと、しなかったことを教えたいと思います。

―帰国後他のメンバーにWUCでの話はしましたか?

同じポジションの選手には話しました。これから他選手にも話したいと思います。

―帰国後のWUCメンバーの変化は感じますか?

栗田は他選手とコミュニケーションを積極的に取ることにより良い方向に影響されていました。日本代表で学んだことを生かして、チームに還元していき、チームを引っ張っていってほしいと思います。

 

LATEST NEWS