FOOTBALL | 2018.08.28 Tue

第3回大学世界選手権を終えて

日頃より法政フットボールを応援いただき、誠にありがとうございます。

6月10日より筑波での国内合宿を経て、中国ハルピンで行われたWUC(アメリカンフットボール世界大学選手権)にコーチとして参加しました。
対戦スケジュールを含め、常に変更を余儀なくされるスケジュールの中、周りの環境に左右されずにフットボールに向き合う、ましてやアメリカ・メキシコといった自分たちより大きく・強く・速い相手に対してどう戦うか。毎日が試行錯誤、挑戦の連続でした。

日本国内でなんとなく力関係がわかる相手と戦うのはなく、異なる環境で全く情報のない強い相手と戦うことによって、日本の学生の秘めたる力が覚醒したように思えました。
大会を通じて学生たちは各国の選手、スタッフとチーム内外から様々な刺激を受け、日本にいるだけでは学べないことをフットボールを通じて学ぶことができました。
また国際化・多様性が叫ばれる現代、これから社会へ出て活躍するであろう彼らにとって、異なる視点で物事を考える貴重な経験になったことは間違いありません。

さて法政フットボールはというと、秋のリーグ戦を迎えるにあたり、7・8月とトレーニング、試験期間、夏のキャンプ、練習を経て皆様に秋のシーズン開幕を楽しみにしていただけるよう1日1日を大切に積み重ねて過ごしてまいります。

引き続きを応援くださりますよう、よろしくお願い申し上げます。

法政大学体育会アメリカンフットボール部 アシスタントヘッドコーチ 宮田 耕次

 

LATEST NEWS