FOOTBALL | 2018.09.10 Mon

明治大学戦詳細

1.     試合概要

  試合名称:関東学生アメリカンフットボールTOP8リーグ戦・第1節

  対戦相手:明治大学GRIFFINS(以下、明大と記載)

  対戦日時:2018年9月2日(日)18時キックオフ

  試合場所:アミノバイタルフィールド

 

2.     スコア

 

1Q

2Q

3Q

4Q

合計

法政大学ORANGE

0

7

0

7

14

明治大学GRIFFINS

7

3

0

6

16

 

3.     試合経過

1Q 2018年度リーグ戦第1節は、ときおり小雨が降る曇空のアミノバイタルフィールドで明大のキックオフで試合開始となる。

法大#21小林(颯)が自陣20ydまでリターン。ファーストプレーでQB#1野辺からWR#11高津佐へ25ydのパスを通すと、RB#3岩田のランで相手陣まで前進。ここで、ヒッチパスを受けたWR#11高津佐がRB#3岩田へパスを試みるが、ここは明大DBにインターセプトされて攻守交代となる。

明大最初の攻撃は法大ディフェンスがパントに追い込む。期待に応えたい法大オフェンスであったが、第3ダウンでQB#1野辺からWR#81神へ投じたパスは、タイミングが合わずにまたしてもインターセプトされてしまう。

モメンタムを掴む明大。自陣60ydからの攻撃でランプレーを軸に4プレーで法政陣11ydまで前進。しかしここで明大が狙ったタッチダウンパスを法大DB#26勝田がインターセプト。法大は事無きを得る。

前進はするが、その後が続かない法大オフェンス。続くシリーズでもパントに追い込まれると、今度は明大オフェンスが力を発揮する。自陣31ydからの攻撃は、ランプレーを中心に確実に前進。9プレーを費やしゴール前4ydまで前進すると、最後も中央のランプレーでタッチダウン。先制に成功する。(法大0-明大7)

2Q お互いのディフェンスが踏ん張り、両チーム共にダウン更新ができない中、法大に好機が訪れる。明大のパントスナップが後逸し、法大は明大陣31ydからの攻撃機会を得る。ここからRB#3岩田の2連続ランプレーでダウン更新すると、WR#11高津佐へのパス、RB#3岩田のランでゴール前5ydまで前進。相手の反則にも助けられゴール前2ydから1stダウンとなると、最後はQB#1野辺のキーププレーでタッチダウン。K#36三宅がPATを決めて同点に追いつく。(法大7-明大7)

続く明大の攻撃をパントに抑え、波に乗りたい法大オフェンス。自陣12ydからのオフェンスは自陣31ydまで前進するものの、反則とQBサックで後退。ここで蹴ったパントで効果的に陣を回復できず、前半残り2分を切ったところで明大に法政陣36ydからの攻撃機会を与えてしまう。

明大は時間を消費しながら着実に前進。法大陣16ydで残り1プレーとなったところでフィールドゴールを成功させ、前半が終了する。(法政7-明大10)

3Q 法大K#36三宅のキックで後半開始。自陣17ydからの明大の攻撃は、要所で明大オフェンスが効果的にダウンを更新して法大陣38ydまで前進。しかしここで法大ディフェンスが本領を発揮。反則に加え、LB#4小澤のロスタックルにより明大オフェンスを大きく後退させパントに追い込む。

お互いパントを蹴りあった後の法大自陣29ydからの攻撃。QB#1野辺からWR#81神へ13ydのパスが通りダウンを更新すると、RB#3岩田の2連続ランで更にダウン更新。QB#1野辺のスクランブルで明大陣38ydまで前進したところでクォータータイムとなる。

4Q 続く法大の攻撃は、明大陣38ydからの第4ダウンでギャンブルを選択。パスを狙うが投げることができず失敗となる。

ピンチを凌いだ明大。プレーアクションパスで一気に法政陣に侵入すると、その後もパスとランを織り交ぜダウン更新。法政陣26ydからの第4ダウン残り1ydのシチュエーションを中央のランで更新すると、その勢いのままランプレーでゴール前5ydまで前進。ここから法大ディフェンスが踏ん張りタッチダウンは阻止するが、明大にフィールドゴールを決められリードを広げられる。(法大7-明大13)

残り4分29秒で迎えた法大自陣35ydからの攻撃。QB#1野辺からWR#11高津佐への11yd、14ydパスでそれぞれダウンを更新し明大陣に侵入。WR#80小山への6ydパスが通り、明大陣38ydまで前進するが、ここで第4ダウン残り4ydのギャンブルシチュエーションを迎える。QB#1野辺はWR#81神へのパスを狙うが、タイミングが合わず失敗に終わる。

残り2分10秒。時間を消費して試合を終えたい明大であったが、ここでまさかのファンブル。法大DB#34藤田がリカバーして攻守交代となる。

残り1分17秒、50yd付近で迎えた法大の攻撃。QB#1野辺からWR#11高津佐への9ydパス、RB#3岩田のランでダウン更新。続く、敵陣38ydからの第2ダウン。QB#1野辺からWR#11高津佐へのタッチダウンパスが成功。K#36三宅がPATを決めて土壇場で逆転に成功する。(法大14-明大13)

試合時間残り32秒。法大K#36三宅のキックがフィールド外に出ると、明大は35ydからオフェンスを選択。第2ダウンの攻撃で18ydのパスが成功すると、ここで法大ディフェンスに痛恨の反則が発生。15ydの罰退となり明大は法政陣32ydからの攻撃権を得る。ここからランプレーでゴールまでの距離を縮めると残り3秒でタイムアウト。明大がフィールドゴールを決め再逆転し、試合終了となる。(法大14-明大16)

4.     次の試合

 リーグ戦第2節は、9月16日(日)15時30分から、アミノバイタルフィールドで日本体育大学TRIUMPHANT LIONと対戦致します。

以上

LATEST NEWS