FOOTBALL | 2018.10.13 Sat

慶應義塾大学戦に向けて

日頃より法政フットボールを応援いただき誠にありがとうございます。

 

前節の日本体育大学戦は、ディフェンスチームが高い集中力を発揮してターンオーバーを量産。オフェンスQB3年勝本選手、TE2年石井選手らの活躍が得点に繋がり、今シーズン初勝利することができました。

 

約1ヶ月ぶりとなる今節は、名門「慶應義塾大学」との対戦となります。近年こそリーグ優勝から遠ざかっていますが、常に優勝争いに絡むその実力は折り紙付き。我々は、シーズンを勝ち抜くための重要な試合として今節を位置付け、練習の成果を余すことなくぶつけます。

 

今節注目いただきたいのは、ここまでの試合で不完全燃焼に終わっているオフェンスチームです。新戦力となる1年生のスキルプレーヤーが大きな存在感を発揮し始めており、熾烈なスターター争いを起こしています。彼らの溌剌としたプレー、一方これに負けない上級生達の老練なプレーが化学反応を起こし、爆発的なオフェンスを展開します。

 

是非会場に足を運んでいただき、アメリカンフットボールの魅力をお伝えできれば幸いです。何卒応援のほどよろしくお願い申し上げます。

 

法政大学体育会アメリカンフットボール部 アシスタントヘッドコーチ 矢澤正治

LATEST NEWS