FOOTBALL | 2019.03.03 Sun

2018年度主務 阿萬瑞紀より皆様へご挨拶

日頃より法政フットボールを応援いただき、誠にありがとうございます。

2018年度主務を務めました阿萬瑞紀です。

 

振り返ればこの4年間は、大変貴重で充実した時間でした。

2016年9月からチームの体制や方針が大きく変わり、私たちは多くの苦悩と挑戦を経験しました。

今年度はチームの基盤が出来たところからのスタートでしたが、想像以上に課題は山積みでした。

私は主務としてチームをまとめる上で、ただ例年通り行うのではなく、一つ一つの意味を考えることでチームにとって何が最善か常に意識し取り組んで来ました。

上手くいかないこともありましたがこの経験は今後、社会を生き抜く上で必ず役立つと確信しています。

 

そして法政オレンジは今年こそ、甲子園に出場し「社会人に勝つ」という目標に向けて日々取り組んで来ました。

しかしながら、リーグ最終戦で早稲田大学に敗れ目標を達成することはできませんでした。

結果は悔いが残るものとなりましたが、私はこの試合で胸に響く大きな感動を得ることができました。

最後まで諦めず最高のプレーを見せてくれた選手や、

全力でサポートするコーチやスタッフ、その他関係者の皆様や、

客席をオレンジに染め一つになって応援して下さったファンの皆様の、

会場を埋め尽くすほどの「熱い想い」を感じることができたからです。

スポーツの素晴らしさを身に染みて感じた瞬間でした。

そして、多くの方から「法政らしい試合だった。楽しかった。感動したよ。」と嬉しいお言葉を頂くことが出来ました。

そんなチームを誇りに思うとともに、私たちを様々な面で支えてくださっている皆様に、この場をお借りし心より感謝申し上げます。

スポンサー企業様、OBOG会、後援会、父母会、たくさんのファンの皆様、本当にありがとうございました。

 

法政オレンジは多くの方からより愛されるチームになり、「社会人に勝つ」という目標を必ず達成してくれると確信しています。

今後とも変わらぬご支援、ご声援のほどよろしくお願いいたします。

 

主務 阿萬瑞紀

LATEST NEWS