FOOTBALL | 2018.12.31 Mon

皆様へご挨拶

“自由と進歩のフットボール” この理念の下、チームは劇的に進歩して参りました。法政オレンジとして迎えた2年目のシーズンは、フィールドでの練習やウェイトトレーニングをはじめ、食事や栄養など、選手を取り巻くサポート基盤が更に整備され、また下級生が学業とフットボールを両立できるよう上級生がサポートする文化も違和感の無い当前の光景になりました。学生は当然のこと、チームに関わる全ての人々が、成長に向けて正しい道を進めていることを確信すると同時に、この短期間での改革に多大なるご支援とご協力をいただいた関係者の皆様に心から感謝しております。

 

残された我々の使命は、「自由」を追求し、体現することです。この素晴らしい環境の中、チームに関わる全ての選手とスタッフは、志高く、思い切り、まさに「自由」に突き抜けなければなりません。

学年や年齢に関係なく、環境や立場に甘んじることなく、周囲に流されることなく、自らの可能性を信じ、自らの行動によって、それぞれがチーム進歩の端緒となることこそが法政フットボールです。

 

“社会人に勝つ” ライスボウルでの勝利を目標としてチーム一体となり臨んで参りましたが、11月25日のリーグ最終節での敗戦を以て、不本意ながら関東学生リーグ3位という成績で今シーズンは幕を閉じました。

“自由と進歩のフットボール” 来シーズンこそは、この理念に恥じることなく成長を遂げ、応援して下さる皆様に勇気や希望を与えられる存在となるべく精進して参る所存です。

最後まで温かいご支援、ご声援を頂戴した皆様に心より御礼を申し上げると共に、来年度も引き続きご指導、ご鞭撻を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

 

法政大学体育会アメリカンフットボール部 一同

LATEST NEWS