FOOTBALL | 2019.12.21 Sat

2019年度 副将 鈴木悠理より皆様へご挨拶

TR副将鈴木です。

今年度は関東2位という結果で終わりましたが、応援していただいた全ての方々にお力をもらい、チーム一同シーズンを闘い抜くことができました。

皆様に感謝申し上げます。

 

今シーズン、目標は今までと変わらず「社会人を倒す」。そしてチームテーマを「discipline」と定め、常に自分達を律して、鍛錬を積むことを考えて活動してきました。

「社会人を倒す」という目標は学生にとってはイメージしにくいものかもしれません。結果として、今年も本当にチーム全員がその目標に向かって行動できてたかといえば、まだまだ足りなかったのだと思います。

しかし私は、その目標に対してチーム全員が「いける、やってやろう」という感覚に本気でなれば、「社会人を倒す」ことは法政フットボールには可能であると思います。

 

そしてその感覚を得るには、取り組み自体を変えるのではなく、1人1人がもっとフットボールに執着し、こだわり、そして何より努力を積むことが必要だと思います。

年々、法政フットボールの選手たちの勝ちへの意欲、飢えは確実に高まってきています。そして私たちは幸運なことに環境にも恵まれています。

後輩たちは結果を出すために、覚悟を決めて「自由と進歩のフットボール」の理念のもと、チームを成長させていってくれるはずです。

 

今シーズンの甲子園ボウル、そしてライスボウルの出場は叶いませんでしたが、その夢は後輩たちが必ず果たしてくれます。

私たちが築いたチームカルチャーや、取り組んできたことが間違っていなかったんだということを彼らが結果で証明してくれる日を、羨ましくも非常に楽しみにしています。

 

これからも法政フットボールの応援をよろしくお願い致します。

 

副将 鈴木悠理

LATEST NEWS