FOOTBALL | 2019.12.28 Sat

2019年度 主将 岩田和樹より皆様へご挨拶

いつも法政ORANGEを応援して頂き、誠にありがとうございます。

今年は本当に沢山の人に支えられ自分はここまでやり抜くことができました。特に幹部をはじめ同期の選手スタッフ、コーチ、さらに3年生には助けてもらいました。本当に感謝しています。

今シーズン掲げていた「社会人に勝つ」という目標を達成することはできず、関東2位という結果で終わってしまいました。しかし、一戦一戦戦っていく中で今年のテーマである「Discipline」がチームに浸透していくのを実感しました。最後のTokyo Bowlではそれを最初から最後まで体現でき、勝利に繋がったと思っています。そこに関しては嬉しく思っています。一方で、メディアで甲子園ボウルやライスボウルの話題を見るたびに、あの舞台に自分達が立っていたはずだと思うと今でも悔しさが込み上げてきます。

今後、法政のユニフォームを着てフットボールができないと思うととても寂しいです。それくらい毎日が本当に充実していました。
終わった今、学生フットボールは特別な期間だったなと感じます。なぜなら、毎年入れ替わる仲間と共に一つの目標を追い求めることが許されるのは4年間だけだからです。この学生フットボールの4年間は、文字通りかけがえのない期間でした。出来る事なら一年生に戻ってもう一度取り組みたい気持ちすらあります。それだけにチームにいる現役の人たちには毎日悔いのない取り組みをしてほしいと心から願っています。

この大学4年間法政でフットボールをできたことを誇りに思います。法政ORANGEで学んだ事を胸にこれから違うフィールドで、邁進していきます。

来年は新体制になってから4年目となります。この4年間で先輩方と自分達が作ってきたカルチャーを後輩たちが更に進化させてくれると思います。
これからも「自由と進歩のフットボール」という理念のもと、常に目標に向けて、一歩一歩着実に歩んでいってほしいと思います。そして、法政フットボールの取り組みは正しかったと証明してくれると確信しています。

今年1年間を通してチームをサポート・応援してくださった皆さま、本当にありがとうございました。
引き続き、応援のほどよろしくお願い致します。

主将 岩田和樹

LATEST NEWS