MENS BASKETBALL | 2018.09.11 Tue

リーグ戦 第6節 結果報告

第6節 vs 駒澤大学戦。

序盤はシュートがリングに嫌われ、中々点数が取れず苦し展開を強いられる。

しかしリーグ最少失点を誇るディフェンスでオフェンスをカバーし、我慢の時間帯が続いた。

30-26で4点ビハインドで迎えた2Q終了間際、21歳の誕生日であった#15米山滉人がバックコートからブザービートを沈め1点差で後半へ望みをつなげた。

そして後半、前半終了時のシュートで流れを掴んでいる法政は普段の調子を取り戻し、#34濵田のスリーポイントや#24鈴木のジャンパーなどで点数を稼ぎ、後半だけで43点を稼ぎ、開幕6連勝となった。

 

●ゲームスコア

法政 72(12-16  17-14  18-8  25-20) 58 駒澤

 

スタッツは以下のURLからチェック

http://www.kcbbf.jp/game/detail/id/10635

 

【#15 米山滉人選手のコメント】

 2Q終了時のブザービートは正直入るとは思いませんでした。入った時は点数が1点差に縮まって、点数的にも流れ的にも良い雰囲気で後半に臨めると思いました。

その後もチーム全員が集中してプレーして我慢の展開から点差を離せたことは良い収穫になりました。ここで負けては1部復帰もより厳しくなってしまうので、勝つことができて良かったです。

 次節はホームタウンの川崎市のとどろきアリーナで試合がありますし、国士舘と日体という1部復帰に向けて必ず勝たなければいけないし、両チーム共上位を争っているチームなのでいつも以上に気合いを入れて練習から取り組んでいかなければいけないです。また、応援してくださっている方々の声援を"勝利"という形で返したいと思います。

 

LATEST NEWS