MENS BASKETBALL | 2018.10.01 Mon

リーグ戦 第11節 結果報告

8勝2敗で迎えた一巡目最終節。

昨年度もdivisionが同じだった上武大学との一戦。

昨年度は上武大学に2敗しておりリベンジを果たす絶好のチャンス。

#34濱田のドライブで先制すると続けて#24鈴木のミドルシュートが決まる。

そしてリーグ戦初スタメンの#12千代が#30水野からのパスをタップで決める。

いつもとは違い入りもよく19-13で1Qを終える。

2Qは1年生の二人#1川島と#51金本が躍動する。#1川島がワンマン速攻を決めると#51金本が激しいディフェンスからTOを誘う。

下級生に負けじと#6中村が難しい体勢からレイアップを決め、更には会場を沸かせるアシストを#5玉城へと出す。2Qを終え15点リードで折り返す。

後半に入り上武大学も追い上げを見せる。ディフェンスをゾーンに変えリズムを変えようとするが、#6中村の落ち着いたゲーム運びで流れを渡さない。相手がゾーンを組んだことで外があき、#12千代と#34濱田がスリーポイントを量産する。最後まで流れを渡さず見事勝利。昨年のリベンジを果たした。

 

一巡目を9勝2敗全体2位で折り返した。

 

●ゲームスコア

法政 88(19-13 27-18 23-19 19-17)67 上武大学

 

スタッツに関しては以下のURLからチェック

http://www.kcbbf.jp/game/detail/id/10665

LATEST NEWS