MENS BASKETBALL | 2018.10.06 Sat

リーグ戦 第13節 結果報告

  台風の影響でこの試合が2巡目のスタートとなった一戦。

トランジションバスケを得意とする明星大学とのゲーム。

開始早々#34濱田のスリーで先制すると、#30水野から#24鈴木の速攻が決まりリードする展開。しかし明星も留学生を中心に攻め1Qを同点で終える。

2Qは光泉(滋賀県)の先輩後輩コンビ、#12千代と#51金本が躍動する。#51金本が留学生をかわしレイアップを決めると、続けて#12千代がhighjumpのレイアップを決める。

二人に負けじと#34濱田が2本連続でスリーを沈め徐々に点差を離す。そして#12千代がドリブルで相手を崩しジャンパー。明星はたまらずタイムアウト。しかし流れは変わらず法政ペース。#51金本がテイクチャージ、#5玉城のディフェンスで法政応援席が湧く。#5玉城がトドメのブザービートスリーを決め、前半を終了する。

後半は経験を積ませるためにも、#32坂東や#7柴田を出場させ、チーム層の厚さを重視した。4Qは点差を縮められたものの見事勝利。

 

●ゲームスコア

法政 77 (14-14 29-10 23-14 11-23) 61 明星

 

スタッツに関しては以下のURLをご覧ください

http://www.kcbbf.jp/game/detail/id/10676

LATEST NEWS