MENS BASKETBALL | 2018.12.10 Mon

なぜ大学でバスケを続けるのか〜No.4〜

 

 

平素よりお世話になっております、バスケ部4年のキムです。

 

なぜ大学で部活をしているのか?

なぜ大学でバスケをしているのか?

 

 私が大学まできて、毎日バスケをしている理由。

答えはすごくシンプルで、バスケが好きだからです。

 

そしてサークルやクラブチームではなく、部活で続けている理由は、部活が1番しっくりきているから。

 

それ以上に深い理由はありません。

 

 

 法政大学バスケ部に入部して、この4年間変化の連続で、気づけばあっというまに、引退目前です。

 

 下級生の時と上級生の時では、チームの状況も、チームに対する想いもチームに浸透させる考え方の部分も全く違っていて、楽しい事よりも辛い事の方が多く、全てを投げだして辞めようと思ったこともありました。

 

 それでも最後まで続けてこれたのは、バスケが好きだから、この理由にほかなりません。

 

 そして、なにがあっても私たちを引っ張ってくれた先輩達や、チームを良くするためについてきてくれた後輩達には感謝しかなく

特に、4年間共に戦ってきた同級生との関係は一生の財産です。

 

 

 大学生活を1つの事に没頭してきて、喜び、悲しみ、恐怖、不安、感動、、、ポジティブな感情もネガティブな感情も

言葉で表せない程、本当に沢山の経験をしてきましたが

全て未熟な自分を成長させてくれる糧になっているのではないかと思います。

 バスケをするために入部しましたが、バスケと同等、もしくはそれ以上に価値のあるものを手に入れる事が出来たのではないでしょうか。

 

 最後になりますが、色々な事があった4年間でしたが、私は法政大学バスケ部でプレーしてた事を誇りに思っています。後輩達も、今後部活をする中で色々な想いを持つかもしれません。それでも、なにがあっても自分を成長させるいい経験と、捉えて、法政大学でバスケをしているという自負を持って下さい。

 

そこでやり終えた時、沢山の事を手にしていると思います。

LATEST NEWS