RUGBY | 2018.08.22 Wed

白米贈呈式

 

大分県杵築市から白米(ヒノヒカリ)約400kgが届けられ、多摩キャンパスのラグビー場にて、贈呈式が行われました。

弊部では、合宿所で日々の食卓に上る米飯を安心して美味しく食べられるよう、本学子会社のエイチ・ユーに供給を委託しています。

今回「ほうせい茶」の茶葉供給でも実績があり、大学とも包括的な連携協定を締結している大分県杵築市のご厚意で、定期的・安定的に供給いただくことになりました。

贈呈式では杵築市の代理として、株式会社エイチ・ユーの田中 修司代表取締役から弊部クラブリーダーの長利 完太(CTB/ 4年)らリーダー陣を中心とした部員に、404kgの杵築市産ヒノヒカリをいただきました。

また、大分県杵築市の永松 悟市長からラグビー部員たちにメッセージをいただき、長利は「大学創設者の出身地である杵築市からいただいたお米で体力・筋力増加に励み、応援してくださる方たちの期待にこたえられるよう、チーム一丸となって努力していきます」と謝辞を述べました。

本学とゆかりのある杵築のお米を食べ、トレーニングに励み、チーム目標でもある日本一に向け精進して参ります。