| 2019.07.04 Thu

30周年式典 ご報告

先日、上野「精養軒」にて法政大学ラクロス部創立30周年記念式典が開催されました。天候は生憎の雨となりましたが、法政大学体育会会長をはじめとした体育会役員の皆様、橙友会の皆様、OG OBの方々、日頃からチームを支えてくださる監督、コーチなど、本当に沢山の方々にお越し頂き、約2時間、ラクロス部らしいフレッシュな雰囲気のもと会が進みました。

来賓の方々の挨拶を通し、自分達が思っている以上に沢山の方々が私達に期待し、応援をして下さっている事を知り、嬉しく感じたと同時に、その方々の期待、応援に応えなければならないという使命感、責任感も強く感じました。

また今現在、私達が当たり前のように享受している部の組織体制、環境、そして1部という大きな舞台も決して当たり前ではなく、30年かけて私達の先輩が創り上げてくださった努力の賜物だという事を改めて実感し、次の40周年に向けてラクロス部の為に何が出来るのか、深く考える機会にもなりました。

日頃からラクロス部を支えてくださる周囲の皆様に、最大の感謝の形である「勝利」をリーグ戦で届けられるよう、日々の練習に取り組んでいきたいと思っております、引き続き応援の程宜しくお願い致します。

そして最後に、本日このような素晴らしい会を企画してくださったスタッフの皆様、お越し頂いた来賓の皆様に改めてお礼を申し上げます、本当にありがとうございました